6月12日 17時30分 〜 20時30分迄 投げ釣り


グーン、バビンバビン
みたいなアタリはチョイチョイあるけど針に掛からない

釣果はカワガレイ、小イシガレイ、ウグイ×3匹だけ オールリリース

前回、苫小牧では珍しくカワガレイが釣れた所で今回もまた釣れたので、別に珍しくなかったのかも
DSC_0541
DSC_0542



6月14日 4時30分 〜 8時迄 投げ釣り


この日はなんとなくフロンティアスピリッツを発揮して今迄竿出した事ない所でやってみた。
何かしら魚が釣れるのか非常に不安だったけど朝マズメの開始30分でイシガレイ35cm 32cmとウグイが釣れた。
以降は何も釣れなくなっちゃった。

6時台は時々弱く竿先ゆれるけど掛からないアタリばかり、何?フグだったのかも?DSC_0547
苫小牧ではほぼピラピラの小さいイシガレイしか釣った事がないけど、なんかここはソコソコ型が良いの期待できそうな気がした。
どうかな?



6月15日 4時 〜 7時迄 投げ釣り


前日と同じ釣り場、昨日より30分早く到着。
(昨日の朝マズメのチャンスタイムは5時迄な感じだったので)

見渡すと近くに波で砂が抉られた所があったので、なんとなくそこに釣り座を開設。
開始当初は思ったよりも向かい風が強く風速4mくらいで海面ダバダバ、霧で視界が悪い。

とりあえず、ちゃちゃっと準備して上針カツオ、下針塩イソメで投げ竿3本投入後、車に戻り眼鏡の水滴を拭きとってから釣り座に戻ってくると真ん中の竿のラインがベローっと弛んでいて、思いっきり右に流れていた。

初っ端から流れてきた海藻のゴミに持っていかれたのかと思ったら、なんかカレイが掛かってる!?


タカノハ 42cm 自己記録。 やった!\(^o^)/DSC_0549
でも、掛かった時のアタリがどんな風だったのか見たかった。。。

これ以降、カレイの食いが立つ事もなく、前日釣れたイシガレイも掛かる事無く、投げて15分くらい経って仕掛けを回収チェックすると、針につけていたイソメが無くなってカツオは皮だけになっている。

針に掛かってないから正体わからないけど、フグかなんかの餌取りがいきなり増えた印象。

これからの投げ釣りは持ちのいい餌を考えないと釣りになんないかも

5時台後半になってピラピラのタカノハが1匹だけ。リリースDSC_0550

最初にすぐタカノハが釣れてくれたのは大ラッキーだった。

食いがいい時は近くに餌が落ちてきたら、すぐ食ってくるのかもしれない。 
なんか硬い貝みたいのも食べてたようだから、貝類も餌に使えるのかなとか考え中。
次いつ釣れるかわからないから表と裏を撮影。

DSC_0551
DSC_0552
違う事もあるらしいけど、無眼側(裏側)の色が白はメス、黄色はオスらしい。