室蘭 6月22日21時過ぎ〜 23日6時30分頃迄



夜から風が強めの予報だったけど、あんまり海面に風の影響受けなそうな岸壁だったらやれるだろうなと考えて、朝まではハモ(アナゴ)狙いで投げ釣り。

到着すると、なんかちょっと予報と違う風向きで流れがあって海面も動いている。

自分の他に投げ釣りの先客が1名、気合の投げ竿6本出し、ちょこちょこと何かそれなりに型の良さそうな魚をあげていた。

自分もだいぶ離れた所に釣り座を構えて投げ竿3本出し、餌はイカと塩イソメ。

開始から1時間くらいの間、掛からないアタリも時々ありつつ25〜27cm前後のシマゾイ3匹。リリース
思ったよりも海面が上下に動いてて流れもあるので、今日アナゴはダメっぽい。

先客の方が様子を見に来て話しをした所、何かアブラコ的な大き目な魚釣ってたので聞いてみたらシマゾイだったそうで自分に釣れたのより3周り程度大きくて、早い時間には小振りなアナゴも1匹釣れたそうだった。

自分よりも魚の掛かる頻度が多いので餌を聞いてみたらカツオを使っているそうだった。

しばらくして、自分にもやや良型のシマゾイ。
32cm 自己記録 キープ。
DSC_1667

22時の満潮時刻をすぎてからは魚のアタリが途絶えがちになり、風はなかなかの爆風。
魚は釣れないけど、ちょっと冒険した所に投げてみると根掛かってたりして、なんか無駄に忙しいので投げ竿を1本仕舞った。
先客の人は大変だろうによく竿6本も扱えるなぁと敬服。


以降、たまに掛かるのは25〜27cmくらいのシマゾイ。リリース
DSC_1668
口の中から魚の尾が見えていたので引き出してみると食べられた直後っぽいマイワシが出てきた。
今は根物こういう餌の方が良かったのかな、仕掛けには掛からないけど、海中ではけっこうイワシを追いかけまわしてたのかもしれない。


そうこうしていると、ツイッターに室蘭に釣りに来たけど爆風過ぎて困ってますとコメントがきてて、自分だったら風の影響少なそうな出し風か風裏探してみるだろうけど。。。ソモソモ自分も室蘭よく知らないので困ったな、いい返答もできず、ご無事と健闘をお祈り(-人-)


空が明るくなった頃、風向きが変わって海面がダバダバ波打ってきたので、投げ竿畳んで場所移動。
やりやすそうな所探して港内見学。

出し風になる岸壁に来てみると、少し風が落ち着いた感じだったので、ルアー竿にワームで岸壁の際と少し向こうの段差近辺でアブラコ探し。


10グラムのシンカーでテキサスリグ

5.3グラムのシンカーでテキサスリグ

10グラムのシンカーに戻して、リーダー30cmくらいのキャロライナリグ。
DSC_1670


とりあえず、夜中ハモ不発でモヤモヤしてたので、かわりに最後アブラコ釣れて良かった。
リリースして撤収。おわり