6月19日 午前3時頃、どこかでちょっと釣りしようかなと思案・・・

割りと何処も朝から雨がちらつきそうな天気予報だったけど、夕方まで大丈夫そうな感じだったので、なんとなく浦河行ってみる事にした。

この時、勘違いしてて日高道って浦河まで開通してると思っていたら、まだ日高厚賀ICまでだったので、思ったより到着に時間が掛かってしまった。


浦河港に到着すると、なかなかの勢いで雨が降ったり止んだり。
日曜日とはいえ、札幌から結構遠いし空いてるんだろうな〜と思っていたら、2つの防波堤ともなかなか大勢の釣り人が見えた。

取り敢えず、もう朝マズメも終わった時間帯だったし、車横づけできる岸壁で投げ竿3本だして1時間程度様子見。
たまにピクっとかモッと小さく竿先揺れる事はあるけど、ヒトデしか掛からない。
餌取りは多いようで、すぐに仕掛けから餌が無くなる。
防波堤には人が多いけど、港内は閑散としていて投げ釣り数人、サビキ釣りしてる人は全然見かけない。

雨が止んで、もう大丈夫かな?と道具を持って防波堤に向かうと急に雨が降り出して、途中で引き返し車に戻った頃には止んでびしょ濡れ。。。

防波堤に行こうとすると狙いすまして雨が降るから、違う所行ってみる事にした。


様似 10時頃〜夕方迄 



はじめは様似漁港の港内で、去年の秋に来た時アブラコが掛かった岸壁で1時間程度投げ竿を出してみたけどノーピクリ、こっちの漁港は日中とはいえ浦河港と比較すると相当閑散としていた。

自分並びの岸壁でワームで探り釣りしにきた人もいたけど何も釣れた様子見えず、自分もチラっとやってみたけどガヤすら掛からず、どうせ釣れない時間帯だしせっかく来たんだから夕方まで近辺の海岸探索してくる事にした。

DSC_1662
中潮、12時のド干潮に覗いた船揚げ場で試しに投げ竿3本出し。

ほぼ着水と同時に着底、時期的にも時間的にも多分なんにも釣れないだろうと思いつつ竿を出してみたけど、1時間半たってもノーピクリだったので、やっぱりダメだなと仕掛けを回収していると残り1本の竿にアタリ。
手に持ってみると、グー、、グイーー、ベローっとラインがふけて結構な重量感。
DSC_1655
何が掛かったのかと思ったらクロガシラ44cm。

たまたま他の竿の仕掛け回収の音でスイッチ入ったっぽい。

なんか釣れるとしても日中魚釣れなさそうな気がしていたけど、1匹釣れちゃったんでそのままズルズル様子見、以降は何も釣れないまま夕方。

最後、また少し様似漁港に戻って投げ竿出したりワームで探ったりしてみたけど結局何も釣れないまま日没。

防波堤には数人釣り人が見えたけど、自分が防波堤に行くとまた雨が降ってきそうな気がしたので今回はやめておいた。

夜もやってみたい気はしたけど、雨とカミナリの予報だったので撤収。
今日はたまたまカレイ1匹釣れて坊主免れたけど、相当厳しい釣れなさ加減だったので、こんなに釣れないもんなんだと驚いた。
おわり