6月10日に苫小牧の自宅を出発、きまぐれに噴火湾沿い〜日本海に移動、ちょこちょこ竿だしつつ不発続き、せたな迄来てやっと魚が釣れた。



せたな町 6月11日 夕方〜翌朝




貝取澗の海岸 11日 18時〜19時30分迄

夕マズメ、もう全然魚釣れる気がしなくなってたんだけど、取り敢えず、通りかかった道路脇のやりやすそうな平盤に降りて、投げ竿2本だしつつ探り釣り。


底から際の海藻で小振りアブラコ。
投げ竿には全然期待してなかったのでよそ見、暫くたって糸ふけもないけど、一応投げ竿を確認してみると、2本とも魚がついていた。



投げ竿ではクロガシラ小振り〜36cm、3匹。
サメ2匹、(内 1匹83cm自己記録 そんなに嬉しくはなかった)
小振りなスナガレイ1匹。

日没まで短時間しかできなかったけど、投げ直すと割りとすぐに食ってきた。
きまぐれでどんなもんかな〜と遠くまで来ちゃったけど、思ってたよりも全然釣れない旅だったので魚っけある所も見つけられたのはよかった。


暗くなってからは、竿をたたんで移動。



せたな港 12日 0時頃〜4時頃迄







夜が明けてからは、虻羅漁港近辺見学。


DSC_1649


朝、防波堤の先端で投げ竿出してみたけど、磯船で海中を覗きながらウニ?かなにか取ってる漁師さんたちが多くて、どうも防波堤のヘチとか近くの平盤周りの海藻はえてるような所でやりたいようだったので、俺たぶん邪魔だなと思ったので、すぐに竿を畳んで車に戻り1〜2時間仮眠。

目覚めると風が出てきて波もダバダバ、漁師さん達の仕事が終わったようだったら夕方やってみようかなと思っていたけど、ちょっと海の状況変わってたのでやめて帰る事にした。
朝の短時間漁できる時間帯に邪魔しちゃって、ちょっと悪い事した。すぐやめたのは良かったと思う。

せたなで釣れた魚、キープ クロガシラ3匹
DSC_1654

とりあえず、チラっと竿だせたし、どのくらい深いのかな?と気になってたので、雰囲気もみれたし、来てみた甲斐はあった。

帰路も噴火湾沿いの海岸を見ながらちょいちょい釣り場を覗きながら帰った。
長万部のあたりはとんでもない爆風の出し風で10mくらいありそうなのに予報では5m、この辺の風予測はあんまりアテにならない気がした。

夜は室蘭でハモ釣れないかな〜と竿を出してみたけど不発。
これはちょっと残念だったけど、なかなか面白い旅だった。
凄い疲れた。おわり