豊浦町 5月20日 13時頃〜15時頃迄



噴火湾沿いを苫小牧へ向かう帰路、漁港を見かけてはちょいちょい釣りをしながらお昼過ぎに豊浦町通過、ここでもどこかで竿だしておこうかな。

お昼時だしあまり期待しないで、1〜2時間やってみる事にした。
漁港入口、手前側の低い胸壁超しに外側へ投げ竿3本投入。

防波堤外側先端付近にも釣り人が2人見えたので、何か釣れたりするかな〜と車中から様子を見ていたけど、1度小型のカレイっぽい魚を取り込んでいるのは見えたけど、おおむねマッタリ。


随分水深浅いけど時折竿先ゆれて小型のイシガレイ3匹、リリース。DSC_1585

相当小型のスナガレイ1匹、リリース。

浅い海岸で釣れる小型のカレイって割りとマズメに関係なく釣れるイメージだけど、そういうのばっかり釣れる所って大きいのは期待できない気がする。DSC_1586
午後3時で切り上げて、夕マズメはもう少し水深ありそうな所でやってみようかなと洞爺湖町に移動。



洞爺湖町 5月20日 16時頃〜日没頃迄



到着した頃は無人だったので、防波堤先端から岸側だったり外側だったりに投げ竿3本投げ散らかし。
どこで中るんだろう?と思っていたら、どこってこと無くほぼダンマリ。

日没までに釣れたのは手のひらよりも少し大きなイシガレイ2匹、キープ
DSC_1601


夕暮れ時、投げ竿があまりにも暇で危機感を覚えたのでワームで探り釣り。

自分としては5gでいいんじゃないかと思うような水深だったけど、7gのジグヘッドに自分の手持ちの中では一番大きかった5インチだったかな?のワームを装着、積んであるブロックの傾斜に沿わせてカーブフォール。
理由はなんとなく。

まぁ、この重さでこのサイズじゃ反応ないだろうと思っていたのに底近くまで落ちた頃、グングングン!?30cmくらいはあるだろうなっていう重量感でワームを食いちぎられた。。。DSC_1590

再度同じようにやってみるも無反応、もう今のは食ってこないだろうと思いつつ、ジグヘッドを5gに落としてワームも4インチに変更。

同じパターンでさっきよりもフワフワした感じに落としてみると、、、掛かった。DSC_1592
てっきりソイだと思ったら、まさかの尺ガヤ(エゾメバル)だった。
32cm 自己記録。リリース

ガヤらしからぬ重量感だった、今までガヤが釣れてもあまり感動した事なかったけど、これはけっこう感動した。DSC_1599
同じような感じで暫くやってたら、アブラコも釣れた。
42cm リリース


それなりに引きごたえのある魚が2匹続いて大変満足しました。

あとから来たロックフィッシュの人の話しでは、暗くなってからソイとか釣れるそうだったけど、どっか他もみておきたいなと思ったので、ここは日没で撤収。