ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

12月(後半)

深夜1時30分〜2時30分 苫小牧西港 漁港区

2:10 クロソイ
DSC_0325
へチ沿いの根を探して横移動。
根掛かった所(抜ける凸凹や海藻)で煽って抜くと時々アタリがあった。

とりあえず魚釣れたので場所移動。



午前3時〜5時 苫小牧西港 

祝日だからか糞夜中なのにロックフィッシュの人が数人並んでやっていた。
自分も少し離れてジグヘッドにワームをつけて探り釣り。

3:15 クロソイ
DSC_0326

3:20 ガヤ
DSC_0329
4:15 ガヤ
DSC_0330
4:20 クロソイ
DSC_0331
4:23 マゾイ
DSC_0333
4:40 ガヤ
DSC_0334
4:50 ガヤ
DSC_0335

場所移動して1投目、2投目は着底してすぐ釣れた。
3投目からは少し時間がかかり針掛かりしずらい感じが続き、途中ラインコタコタになったりして時間ロス。
やった所はソイやガヤが濃い場所な感じがしたけど、毎日釣り人が来てるだろうから大きいのは少ないんだろうなぁって気がした。

4時頃、チラっと小雨が降ったので、足元凍ってツルツル。
帰りの路面はブラックアイスバーン。
冬は往復の道路が怖い。おわり



早朝4時過ぎ、今ってどんな感じかな?と海に来てみたら、ケアラシボーボーで激寒。
なんか居ませんかね?とルアー竿にワームで探り釣り。
4b508a83.jpg
午前8時過ぎまで、蟹歩いて暗い内に魚のアタリ2ヶ所。

明るくなってからは、暗い内に反応があった場所に戻ってタル錘に一本針イソメで探り直し。
無反応。

(  ̄っ ̄)難しいむずかしすぎる。
釣果は小ぶりなマゾイ1匹。
午前9時頃から昼頃まで 東港フェンス前 で、ぺローとサビキ竿1本出して、車中から周り観察、兼ウトウト。
オキアミ擦ってオレンジウィリー、ハゲ皮でもノーピクリ。 
数人の釣り人が居て、サビキ仕掛けでやってる人は殆ど釣れてる様子が無く、円筒形の発砲スチロールみたいな小さい浮き付けた1本針仕掛けでやってた人だけ何か釣っていた。
はじめは、チカかな?と思っていたけど、随分デカいのが掛かってたりしてたので、ん??と思い、こっそりガン見。
あれはサヨリだったのかもしれない。
釣った事ないので、よくわからないけど。
シュピシュピ、アメマス狙いの人達もチラホラいたけど、自分が居る間は釣れてる様子なく皆消えていった。
海水が澄んでいて、底まで見える状態だったけど、へチを覗いても魚は見えない。
遠めで何か魚達がジャンプを繰り返しているのが見えた。
アレは何だろう?
フェンス切れ目には丸い鱗が沢山落ちていたので、何か青物の群れが釣れたりもしてるっぽい。けど、今は何にも釣れる気がしなかったので場所移動。
e59bc153.jpg
午後からは 浜厚真漁港 の港内〜船道近辺をワームで探り歩いてみたけど・・ノーピクリ。

んー、明るい時間にやった事なかったので、底の様子がどんな風になってるのか見れたのは、まぁ収穫かなって気はするけど、今時期の魚の釣り方は、解らず仕舞い。

午後4時、諦めて撤収。

冬の釣りは、多分、釣って見てわかってみないと難しい。
これでいいのか悪いのか。
魚の居る場所・時間帯ごとの釣れるパターン=釣り方。おわり



長万部では海が時化ていたのに、苫小牧へ向かう道すがら海を横目に走っていると、豊浦に入った頃から海岸の様子が変わり凪ていた。
Σ(゚д゚;)あれ!?投げ釣りできそうな雰囲気じゃん!
でも、虻田に差し掛かると、少し風が強い。
そして、伊達に入ると、又、風が弱く凪。
多分、このまま室蘭まで行ったら、また風強くなりそうだなと思い、明るい内に風の弱い所で投げ釣りしちゃいたい気分になってきた。
ちょうど、道路脇に「アルトリ岬⇒」と標識が出ていたので、どんな所かな?と興味が湧いて右折。
画像 031道なりに進んで海岸に出ると、海水浴場
岬はもっと先だったかな?何にも釣れなそうな気がしたけど、取り敢えず竿2本投げてみた。
画像 029冬の閑散とした海水浴場。
只の遠浅な砂地なのかと思ったら、細長い海藻?モッソり。
※アマモ(小魚のゆりかご)かな?

画像 028海面から所々、岩場も見える。
もしかしたら根魚いたりしないかな~と妄想。
画像 030竿先、揺れないまま、程なく日没。
「あー、やっぱ何にも釣れなかったか」と思いながらリールを巻いたら、モッソり海藻とピラピラ石鰈。リリース。
↑2010年最後に釣ったお魚。おわり
結局、アルトリ岬にはいかなかった。すぐ近くに有珠湾(漁港)もあるようだった。



長万部も結構風が強かったけど、通りすがりに 国縫漁港 に立ち寄ってみると、外海は白波がたって、岸近くは茶色く濁っていたけど、漁港の内側は凪で濁りも無いような感じだった。
画像 026
手前の防波堤から外海に投げ竿3本出ていたけど、持ち主は車で爆睡中。
ラインべろべろ流れてた。
外側の投げ釣りは無理っぽいなと思い、30分程、内側のヘチをワームで探ってみたけど反応無し。

「やっぱダメか」と諦めて防波堤付け根でサビキ釣りしていた人に挨拶すると「昨日のお昼頃にも何人か入れ替わりで内側探ってた人達が居て、皆、すぐにカジカやアブラコ釣って戻ってきたよ。釣れなかったの?」と聞かれた。
画像 027「昨日は外海の状況どうでした?」と聞いたら「今日とあんまり変わらないよ」。
むー・・・実は魚居るんじゃん。釣れないのは腕の差か・・・

画像 023海面みてても見えないけど、底の方で「群れがくればポツポツ釣れて、朝8時頃から昼までで50匹くらい」チカが釣れたそうだったので、自分も隣でチカ釣ります宣言。
はじめの1時間くらいは、たまにチカが釣れたけど、その後は2人とも全くアタリが無くなった。
絡んだ仕掛けを解いていると、カモメにチカを2匹盗まれた。
盗んで逃げる際、仕掛ごと引っ張りやがって1個目パー。
新しいのに交換したら、即デカいウグイがかかり2個目パー。
あまりにもアタリが無くなったので、棚を深くしたら、底に引っかかって3個目パー。
短時間でサビキ仕掛け約900円の損失。@290円×3個
画像 024
午後2時、港内も若干濁ってきた感じ。
お持ち帰りチカ8匹。撤収。
隣の人は釣れない時間、上手に指でチカの首?のアタリを切って、そこからお腹の辺りを押しながら内蔵を取り出していた。
釣ったその場で醤油とみりん入れたバケツに漬けて、家に帰って軽く干すとマイウー、飼ってる犬が欲しがるけど、あげないそうだった。
それを冷凍庫に入れておけば日持ちするよと教えてくれた。
釣れた数は昨日と同じくらい(50~60くらい?)だけど、今日の方が大きいらしい。
いい事教わった(´∀`)今度、数釣れる事があったらやってみるかな。おわり



12月30日 夜、風が強くなってきたので、道南を後にして苫小牧へ帰ろうと北上していると、江差を過ぎた辺りから、急に風が弱くなった。
あれ?なんか釣りできる風だな~と思い、乙部町 乙部漁港 で竿出してみる事にした。
誰も釣りしてる人が居ないし、なんか釣れるんだろうか?と空撮ガイドをペラペラめくると、港内では漁協前の街灯の下が最高のポイントと書いてあったので、そこで失礼しますと竿を2本出してみた。

午後10時、釣り開始。
画像 022ちょっと投げるとしょっちゅう根掛かる。
石かなんかゴロゴロしてるんだろうか?
何処なら大丈夫かな?と底を擦ってみると、ごくごく手前は根掛かり無し。
なんか小さなアタリがあったので、其処で仕掛けを暫く放置。
画像 021
悪戯の犯人はハゼだった。
猫が様子を見にきたのでプレゼント。
アタリはそれっきり。
午後11時、急に腹の調子が悪くなり、死に物狂いで道具を片付け撤収。('A`)
無事にトイレを済ませ、瀬棚の辺りで睡魔に襲われ、漁港のトイレの水道で頭洗ってみたけど起きてられずzzz・・・おわり


このページのトップヘ