ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

9月(前半)

苫小牧西港 9月13日 1時頃〜夜明け迄
投げ竿3本、餌イカ。

大潮、けっこう風が強くて投げた所より横に流される。止まるけど

胴付き1本針仕掛けにイカゲソ、どこが根掛かりするかよく解ってなかったので根掛かりしない所探し。
1時台はたまにクーン))と竿先揺れる事があったけど針掛かりせず、満潮を挟んで夜明け前までほぼ中りなし。
外道も掛からず、ガヤとドンコに邪魔されないのを良しとするか、もう少し魚っ気がありそうな所に移動するか悩んだけど、そのまま続行。
DSC_0418
だいたいどの辺が砂地か解ったので竿1本だけ胴付き仕掛けから下針誘導仕掛けに変更。

4時頃風が収まって、やっとハモゲット。
同じ所に投げ直し5分程度目を離してたらラインがふけていた。

少し重めの魚がついてたけど浮かせる途中でライン切れ。
たまに擦ったりしてたので至る所ザラザラ劣化しちゃってた。
DSC_0424


追加無し、夜が明けてしまいハモタイム終了。
一応、ギリギリで1匹だけ釣れたけど坊主と紙一重だった。
DSC_0426

長さ測ったら48cm。

イカを餌で使う時はゲソよりも胴?の方が釣れる気がしていたけど、今回は冷凍庫にゲソしか無かったのでブツ切りで使用。
DSC_0427

目立つように適当に房掛け。

胆振近郊でおかっぱりからイカで釣れるかも?なメモ

アナゴ(ハモ)、アブラコ、イシガレイ(たまたま1回だけ釣れた)、ウグイ、エゾクサウオ(たぶん)、カジカ類、ガヤ、カニ類、サバ(?)、ソイ類、ツブ貝(?)、ドンコ(エゾイソアイナメ)、ヒトデ、ヤドカリ(?)、ワラズカ(?)、ビニール袋。

ほぼどれも、釣れ方はイソメに分があると思うけど、ハモに関してはイーブンだと思ってる。
エサ持ちが良いのと、安さが魅力。
弱点は、外道でクロガシラが釣れない(釣れた事ない)のと暑い時期は1晩ですぐ臭くなっちゃう事。
おわり

苫小牧西港 9月10日

3時頃、ちょろっとルアー竿で探り釣りしてみたけど、小さなガヤっぽい中りはあるけど針に掛からないし、それ以外反応なくて困ったな〜と思いながら海面見てたら、20cm未満くらいの魚が20〜30匹くらいの群れで泳ぐ様子が散見。

一旦、サビキの道具を取りに家へ戻り、今度はサビキ釣り。

DSC_0412
表層を泳ぐ魚はヤル気ない感じで仕掛けをスルー。
見えてるよりも少し下でポツリポツリと小さなアジとサバが掛かった。

夜明けちょい前に棚がバラけ少し釣れる頻度が増えて、明るくなってからはパッタリ。
5時以降は海面に群れが全然みえなくなってしまった。
追加はベタ底でサバ2匹のみ。
DSC_0415
釣果は小サバ、小アジ少々。
手前にゴミが寄ってきたし釣れない雰囲気だったので5時30分撤収。
もうちょい釣れてほしかった残念。

港内に漂う流木とかゴミがいつの間にか無くなるのは、掃除する船がいるかららしい。
前にアブラコの人が言ってた。
おわり


9月13日 夜中っていうか、明け方から朝7時頃まで、苫小牧西港 入船公園 近辺で探り釣り。
浮いてる魚居ないかな〜とへチを探っても、反応なし。
下手だからなんだか、活性が低いんだか、魚が薄いんだか?しょっちゅう釣りしてれば、なんとなく解りそうな気がするけど、たまの釣りだと、浦島太郎的な感覚で判断つきかねる。
でも、へチじゃなくて、底の根みたいな所では時々反応があるので、暑い時期は底かなって感想。
CAD19NUC
海面にワラワラ魚が群れてたので、何かな?と急いで車に戻り、ハゲ皮サビキをとってきて、垂らしてみたらカタクチイワシ。
しばし、手動でサビいてみたけど、まぐれで1匹掛かったのみ。

オキアミも持ってきて、数釣れたら、それはそれで面白いだろな〜と思ったけど、探り釣りしたい気分だったので、サビキ竿を柵に立てかけ放置、しばし出張。
CA08ICMC
んー、底でしか反応なし。
子ソイ1匹しか釣れず夜明け。
一度、根のある所で力強いアタリもあったけど、見切られたのか、それっきり。
CA7WJ15N明るくなって、放置プレーのサビキ竿の所に戻ると、カタクチが3匹ついていた。

そして、隣に「入釣しまーす」と言って、投げ釣りの方がやってきた。
横目で投げる様子を見た感じ、竿がクニャーとなっていたので、あー、柔らかい竿使ってるんだな〜と思った。
自分は、基本的に、いい歳して人見知りするタイプなので、一人で釣りしてる時に近くに人間達が来ると、匂いで察知して立ち去るか、立ち上がって両手を挙げ、グルルル・・と唸り声をだして威嚇するパターンが多いんですが、この日は「何釣れました?」と話しかけられたので、「あー、ちっちゃいソイとカタクチ4匹しか釣れてません」
「カタクチいりますか?」「いえ、いりません」で、会話スタート。

その人は2本投げ終えた後、塩イソメや竿を見せてくれたり、色々と親切に釣りの事を教えてくれたので、ついつい1時間半くらいずっと竿放置でお話ししていたので、多分、かなり釣りの邪魔をしてしまった。
なのに、リールを巻いたら1本針にクロガシラがついていた。
その人曰く「今日は十五夜だから」との事で、鰈が居る前提で食いが立つ時を狙って、且つ、ヒトデが薄い所に投げてたらしく、すごすぎて超驚いた。
そして、自分が柔らかい竿だと思っていた竿は、スピンパワーで硬さがBだった。
投げるの上手な人は、もっとフンっ))って感じで投げるもんだと思っていたし、あんなに竿クニャー))ってなってるの見たのは初めて。
驚くことが多い朝だった。
函館サーフの人は、なんか、全部がすごかった。尊敬した。おわり



8月31日 早朝、天気予報を調べていると、なんだか伊達の方は風が弱い予報だったので、久しぶりに行って見ようかな〜と家を出発。
途中、室蘭に立ち寄ると南東の風が強くて海面に白波が立っていたけど、伊達なら風も弱いんだろうと思ったら、伊達もベロベロ白波・うねり。
全然釣れる気はしていないけど、ヒラメって釣った事無いし、釣ってみたい気がしていたので、午前7時頃から伊達漁港のテトラに乗って、外海側で探り釣り。
10gのジグヘッドじゃ軽すぎて全然底もとれず、ナツメ錘にフックをつけたワームを使っても底もとれないし、ベロベロ風と波に流されて、魚信を1回も感じる事なく午前9時。
釣りデッキに1人投げ釣りしてる人が居たので行ってみると、朝5時から河豚1匹しか釣れてないそうで、その河豚の膨れる様子が面白いらしくププププと笑いながら見せてくれた。
その人は昨晩ソイを釣りに来たけど、1匹しか釣れなかったと言っていた。
最近、ここで42cmのクロガシラと28cmのタカノハを釣ったそうで、波が無ければ、まだ石鰈とかも釣れてるそうだった。
ここでヒラメって、まだ釣れてたりするんですかね?と聞いてみたら、目がキラン☆「うん、釣れてるね」。へぇ〜すごい。
この人とは、以前に何回か話しした事あるような気がする。
自分も竿2本で2時間ほど投げ釣りにジョブチェンジしてみたけど、全くアタリなし。
餌だけは、5分と持たず無くなるので、魚釣れてないのにイソメだけ消費。

取り敢えず、夜まで時間つぶして、風が収まったようなら、またこの辺で投げ釣りしようかな〜と一旦、撤収。

時間つぶしのつもりで入った室蘭マルハーンにて閉店まで半日、全力でミリオンゴッドと戦ってしまい、負けた。
なんか、喉の調子が悪かったのが悪化して、扁桃腺が腫れて痛い。
体も重だるく、どこまで疲れで、どこから風邪による関節痛なんだか解らない。
投げつつ、寝ちゃっても良さ気な人の居ない車横付けできる場所さがしてフラフラ。

伊達 黄金駅裏 にて午前1時から釣り再開。
CA9R9F4Q110901_033738
夜はベタ凪。
あ〜ここは伊達だな〜っていう雰囲気。アイ、ラブ、伊達。
投げてすぐにモゾモゾと小ぶりなシマゾイ。
近辺でアタリも数回あったので、夜は魚居る感じがするな〜と思ったのも束の間、その後、べろ〜とアタリなし。
昼間のように餌は取られず、つけたイソメの持ちは良かった。
午前3時頃、カクカクっと久々の魚信、小ぶりなクロガシラ。
お腹が非常に汚れていた。
どこで汚れたのかな?室蘭?とか考えてるうちにzzz・・・。110901_080612

午前8時起床。

仕掛けの餌は半分トロけて、魚も掛かっていなかった。
此処で今時期に夜釣りして、石鰈が1匹も釣れなかったのは初めてかもしれない。
隣の家の人が様子を見にきたので、ハモ釣れなかったと言ったら、夜明け前に鮭釣りに来た人にもハモ釣れたりするような事を言っていた。
いつの話しかな??
前に来た時と、船揚場の様子が随分変わっていたので聞いてみたら、去年工事したそうだった。
「じゃあ頑張ってね」と言ってくれたけど、もう、具合悪くて体力の限界。
釣りっていうより、パチンコと風邪の悪化がアレなんですが、家を出てから帰宅するまでがトータルして釣りですので、これは自分に言わせると釣り疲れの範疇。
釣果でいうと、全くの徒労と言える感じだけど、久しぶりに釣りで疲れた感じが非常にいい。
頑張って家に帰って、パブロン飲んで、すぐぶっ倒れた。zzz
おわり



9a53fca0.jpg9月11日(土) 苫小牧西港漁港区

一昨日は、急なお誘いにもかかわらず、お付き合いしていただき、
ありがとうございました。
今回は、初めての釣り場でポイントもまったく分らずボ〜ズの匂いがぷんぷんしてましたが、大輔さんの運を強奪し、ハモ50センチ一匹と太マジック一匹を釣ることができました。
大輔さんと合流する前に、漁港区でイカ釣りに使う小チカを釣るつもりで夕マズメ30分くらいサビキをやりましたが、小チカは釣れずマメアジが少々釣れました。
早くイカ来ないかな〜


にほんブログ村 釣りブログへヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
にほんブログ村



【9月 イカさま伝説】の続きを読む

このページのトップヘ