ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

5月(前半)

6月3日
苫小牧 砂浜 4時頃〜2時間くらい 

投げ竿3本、餌塩イソメ。
最近の感じでいくとボーズはないだろうと思っていたら投げ釣りボーズだった。
竿先は数回動いたけど、1揺れして終わりみたいなのばかり。

その後 〜お昼頃まで
大潮ド干潮の時間帯に別の場所に行ってボーズ逃れを画策してルアー竿でチョロチョロしてたら昆布の下で随分ヤル気のあるアブラコがいる場所があった。
最初はイソメでやってたけどワームにしても着底したころ食ってきて、海面まで別のアブラコも追走してきたりした。
巻いてたラインが弱すぎてブチブチ切れまくり、結局小さいアブラコしか取り込めなかった。
以前は3号のナイロンライン使ってたけど、最近は糸が出易いし2号でもいいかなと思ってたけど、駄目だった。
劣化もしてたかもしれない。
どこでもアブラコ釣れやすくなったんだろうか?と疑問を持ちつつ撤収。


6月4日
苫小牧西港 4時頃〜8時頃 

投げ竿3本、餌塩イソメ。

竿を出し終えた頃、最近顔見知りになったアブラコの人(アブラコの人は2人居て、イソメで狙って素手でワラズカを握りしめる鉄人の人では無く、ワームでやってて埠頭をズーっと歩いていく人)がやってきたので、昨日やった所にやる気のあるアブラコ多かったんですよ〜と挨拶。
DSC_0149
DSC_0150
DSC_0151
カレイはいつもの大きさで5匹つれた^^
なんか写真1枚撮り忘れてた。たぶん手の平サイズ。

明け方、パチャパチャ跳ねてる魚がいて、釣ってみたらウグイだった。
なんかバーっと泳いでいく小魚の群れも見えた。


その後〜お昼頃迄
アブラコの人に撤収の挨拶しに行くと、自分の前日やった所に行ってみたいとの事だったのでお昼頃迄やってきた。
前日は昆布際に落として、途中でアブラコの目に留まってれば着底した時に食ってくる感じだったけど、今日はたまに中りがある程度。
誇張して話した訳ではなかったけど、釣れなかったら困るな〜と思っていたら、自分で釣り方を見つけてたぶん5匹くらい釣って喜んでくれた。
全部タモ使わずぶっこ抜いてた。
この辺にヤル気あるのが居たって解れば十分だったのかもしれない。
自分は釣れなかった。
ド干潮でもそういう所で釣れるんだな〜と参考になった。
おわり




5月1日DSC_0033
5月2日DSC_0034
5月4日DSC_0035
5月5日DSC_0037
5月15日DSC_0039

苫小牧西港 入船公園 
明け方、ルアー竿で探り釣り。

数回根掛かりをしてしまい、回避でジグヘッドからテキサスリグに変更。

DSC_0392

DSC_0393

はじめの内は全然アタリがなかったけど着底時にアタリが出だした。
釣れたのは、画像のアブラコとソイだけ。底の茂みで。
へチの上の方を泳がせて横移動していると、海藻生えてる所でグイーっと引っ張るけど掛からないアタリが毎度あったけど、小さいガヤしか居ないっぽかった。
おわり。

苫小牧西港 西埠頭 夕方6時過ぎ〜日没まで

DSC_0390投げ竿2本にイソメつけて放ってみたら、ちょい投げは、着底後、即根掛かりまくり。
根のない所に投げ直したけど、アタリもないまま日没。
見える範囲に釣り人は2組くらい。
釣れてないのかな。。。

ルアー竿にワームをつけてへチを歩いていたら、1度だけココッとアタリがあったけど、針かかりせず。
着底させるとロストが半端ないので嫌になり撤収。

数日前に、早朝、晴海埠頭に行って、ルアー竿にイソメをつけて探ってみたらカレイは釣れず、へチでガヤ数匹。
釣り人も2組くらいで閑散としていたけど、こんな感じだったっけ?5月は
おわり

苫小牧 ふるさと海岸 午前4時15分頃〜午前8時まで。
辺りが明るくなってきてから釣り開始。

投げ竿2本、イソメをつけてテトラ際の砂地に投げっ放しつつ(2時間半放置プレー)穴釣り。

DSC_0384
テトラの穴にワームを落として、反応がないようであればイソメも使おうと思っていたら、ずいぶん中りがある。
予想外。
DSC_0380
小ぶりなアブラコ。
4匹掛かって、2匹途中バレ。
いずれも極小から30cm以下。
DSC_0383ソイは1匹だけ。
写真が撮りつらかったのでバケツに入れて撮影後、リリース。

テトラの穴では反応あるけど、外周りの際や海藻の中などでは、1度もアタリなし。
外海では、やってる間、跳ねてる魚も見なかった。

DSC_0387
投げ竿は、長時間の放置プレー後、仕掛けを回収してみると2本ともイソメも取られないまま釣果0。

撤収する頃には、だいぶ潮位が下がっていた。
おわり

このページのトップヘ