苫小牧 11月1日 0時頃 〜 6時頃迄



大潮、月が明るくて風も波も無く釣りしやすい、午前3時頃に満潮予定。
ヤル気満々で何か釣れるかな〜と投げ竿4本出しつつ探り釣り。


投げ竿はイソメとイカを付けてたけど、概ねダンマリ。
根の近くに投げてる竿にだけ、時折ドンコと小さいソイが釣れる程度。


投げ竿が暇なので、朝までほぼずっと探り釣り。
はじめ5gのジグヘッドを使って探ってみた感じ、小振りなクロソイがたまに釣れるけど底の根を通過させてもそれほど反応ない。

根掛かりしたタイミングで2号のナス型錘(7.5g)をシンカーにしてテキサスリグに変更。
あちこち底のモッソリを探して、ここならいるでしょと思いながら通過させても全然アタリもない。

1時間くらい無反応状態が続き、その内、シンカーにラインが絡んで固定されてワームまでの長さが15cmくらいのヘビキャロ仕様になってしまったけど、取り敢えずメンドクサイからそのまま近くの際にキャスト。

沈んでいく途中で30cmのクロソイ、キープ。
この仕様になってから、3回に1回くらい放ると途中でクロソイが掛かるようになり、また30cmのクロソイをゲット、キープ。

どこに投げても同じ釣れ方かな?と今度は少し遠目に投げて、リールを巻くのがメンドクサくて自分本体が横に移動してワームを泳がせていると、ちょっとなかなか浮いてこないパワフルなのがヒット。
少し離れた投げ竿の近く置いてあるソイを入れたバケツがガタガタっと鳴った音が聞こえたけど、魚が暴れてるんだろうなと思いながら無事取り込み。
クロソイ39cmやった^^

魚をバケツにいれようと釣り座に戻るとソイが1匹紛失。
辺りを見渡しても犯人は見当たらない。

北の大地に生息する魔獣が魚咥えて逃げちゃったんだろうけど、一応用心でバケツの上に荷物を乗っけて、それほど離れていない場所でキャスト再開。
ガタンっ!!!またか!?すぐに釣り座に戻ったけど、バケツがぶっ倒されていて39cm紛失。

ヘッドライトでキョロキョロ見渡すと、20mくらい向こうに魔獣の目が光って見えて、スキル殺気を発動させるとすぐ走り去ってしまった。
最初、バケツに2匹魚がいたから1匹取って隠れてすぐまたやってきたんだな。
40cmくらいの魚咥えても、普通に走って逃げてた。

ガッデム、アノヤロー俺より頭いい、次会ったら、ボマイェだ。

最後に写真撮るつもりだったから、盗られた魚の画像無し。


DSC_1083

1匹残ったソイ、まだ元気だったので海へお帰りいただいた。

もう帰ろうかなとも思ったけど、一応朝まで頑張るかな、セッセと一踏ん張り。
後は、底では魚釣れないかな?適当に

DSC_1085

小さなカジカ、リリース。
投げ竿にはピラピラカレイ、リリース。


なかなか釣れなくて、偶然釣れ方見つけて喜んで、なかなかいい魚釣れて喜んで、盗まれて悲しみにくれてむせび泣いて帰って寝た。
おわり