白老漁港 6月4日


朝、夜明け前〜7時頃

先月末、ちょっと立ち寄った時にカジカ釣れたし、やればなんか釣れるんじゃないかな〜と思ってきてみた。
車から近い所のやり易そうな所で楽な釣り。

3gくらいのシンカーで底にモッソリあるような所を通過させるときに、底近くで少し泳がせて沈めるみたいな感じでやってみると反応が感じられた。

巻きすぎて、けっこう浮いちゃってるときにも何かが突いてくる事があって、暗い内はガヤかな?と思っていたけど、明るくなってから大量に群れてるウグイの何匹かがワームを追尾するのが見えたので、たぶんウグイかな。


DSC_0758
まだ暗い内にアブラコ。

ラインのついたジグヘッドが喉の奥に刺さっていた。
とりあえず、口から出てるラインは切ってリリース。
夜明け前にガヤとアブラコ各1匹、釣れなかったけど着底させたときに大きくグーンとゆっくり引いてきたアタリがあり、なんか、おっきそうで気になった。

明るくなってからは何にも釣れる気がしなくなっちゃたので、夜にまた来てみようかなと考えながら撤収。





夜、20時頃〜22時頃迄


日中、別の場所でベローっと釣れない釣りしてきてモチベーションも下がったし寝てないから眠い。
ちょっとだけやっていこう。
小雨が降ってきて眼鏡に水滴がつくので、こういう日は視界が悪くなってやりづらい。

DSC_0780

20:07 ガヤ

DSC_0781

20:39 クロゾイ

DSC_0782

21:16 アブラコ

DSC_0783

21:31 アブラコ


夜の部も、小振りな魚しか釣れなかった。
眠くてギブアップ。

時折、常夜灯に照らされているような場所で海面に1mくらいの何か白い影のようなものが通過する気がして ん???と目を凝らしてよく見てみると、20cmくらいの小魚の群れだった。
一瞬で去って行って、しばらくして又通過していく。

そういう所でワームを放っても、底で反応なかったのは魚が上に居たからかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

おわり