白老漁港 12月17日 3時30頃〜10時頃まで


3時30分頃〜5時頃迄 ハタハタ探し 
長い防波堤に俺1人。
曲がり角付近の外側と内側で、サビキハゲ皮2号にイソメつけてオキアミ擦ってヘチでサビキながら歩き回ってみたけど、なんにも釣れない。
めっちゃ弱弱しい謎のアタリが2回あったきりでガヤも掛からなかった。


〜6時30分頃迄 漁船周りワームでヘチ探り
底のモッソリを通過させた時にたまに弱いアタリはある。DSC_0596

ヘチの底、何か沈んでるっぽいストンと落ちる段差の所でクロゾイ3匹。
タイヤ?
25〜30cmくらい、底で何度か軽く突いてきて乗ったらズンって感じ。
近くで漁師さんたちが、網から魚外す仕事をはじめたので、場所移動。

探り釣りしてる時に砂揚場?の辺りで海面にヘッドライトの明かりでけっこう大きなチカっぽい魚がたくさんユラユラ泳いでいるのが見えていた。


〜7時30分頃迄 サビキ釣り
ダンプが作業を始めたので倉庫の前の埠頭に場所移動。
他に2組人がきたけど、皆さん回遊待ちらしく自分の竿も揺れない。
さっきの埠頭にはウミウの集団がいたけどコッチには居ないし、チカも居ないっぽいし来るまで待ってる時間ないのですぐ止めた。


〜10時頃迄 投げ釣り
せっかく白老まで来たんだし、防波堤の投げ釣りも少しやっておくかと取り込み楽な場所で投げ竿2本だし。
はじめの内は錘30号が右に流されて、しばらくしたら左に流されるようになり、底の海藻が揺れるからか竿先も軽くフワフワ揺れる。
たまにコツコツとかモゾモゾと小さなアタリは出てたので、やってれば何か釣れそうな感じはあった。
1匹だけすごく小さな鰈が掛かったけど、手前のテトラに弾かれて落下。
暇つぶしにテトラと防波堤の間にイソメを垂らしたら、ドンコ。


白老は今時期どんな感じかな〜と気になっていたので、全部中途半端だけどアレもコレもやってみた。
あんまり魚は釣れなかったけど、なんとなくの雰囲気わかってスッキリした。
色々やりようありそうだから、釣れる人は何かしら釣るんだろうなと思った。

おわり