9月13日 夜中っていうか、明け方から朝7時頃まで、苫小牧西港 入船公園 近辺で探り釣り。
浮いてる魚居ないかな〜とへチを探っても、反応なし。
下手だからなんだか、活性が低いんだか、魚が薄いんだか?しょっちゅう釣りしてれば、なんとなく解りそうな気がするけど、たまの釣りだと、浦島太郎的な感覚で判断つきかねる。
でも、へチじゃなくて、底の根みたいな所では時々反応があるので、暑い時期は底かなって感想。
CAD19NUC
海面にワラワラ魚が群れてたので、何かな?と急いで車に戻り、ハゲ皮サビキをとってきて、垂らしてみたらカタクチイワシ。
しばし、手動でサビいてみたけど、まぐれで1匹掛かったのみ。

オキアミも持ってきて、数釣れたら、それはそれで面白いだろな〜と思ったけど、探り釣りしたい気分だったので、サビキ竿を柵に立てかけ放置、しばし出張。
CA08ICMC
んー、底でしか反応なし。
子ソイ1匹しか釣れず夜明け。
一度、根のある所で力強いアタリもあったけど、見切られたのか、それっきり。
CA7WJ15N明るくなって、放置プレーのサビキ竿の所に戻ると、カタクチが3匹ついていた。

そして、隣に「入釣しまーす」と言って、投げ釣りの方がやってきた。
横目で投げる様子を見た感じ、竿がクニャーとなっていたので、あー、柔らかい竿使ってるんだな〜と思った。
自分は、基本的に、いい歳して人見知りするタイプなので、一人で釣りしてる時に近くに人間達が来ると、匂いで察知して立ち去るか、立ち上がって両手を挙げ、グルルル・・と唸り声をだして威嚇するパターンが多いんですが、この日は「何釣れました?」と話しかけられたので、「あー、ちっちゃいソイとカタクチ4匹しか釣れてません」
「カタクチいりますか?」「いえ、いりません」で、会話スタート。

その人は2本投げ終えた後、塩イソメや竿を見せてくれたり、色々と親切に釣りの事を教えてくれたので、ついつい1時間半くらいずっと竿放置でお話ししていたので、多分、かなり釣りの邪魔をしてしまった。
なのに、リールを巻いたら1本針にクロガシラがついていた。
その人曰く「今日は十五夜だから」との事で、鰈が居る前提で食いが立つ時を狙って、且つ、ヒトデが薄い所に投げてたらしく、すごすぎて超驚いた。
そして、自分が柔らかい竿だと思っていた竿は、スピンパワーで硬さがBだった。
投げるの上手な人は、もっとフンっ))って感じで投げるもんだと思っていたし、あんなに竿クニャー))ってなってるの見たのは初めて。
驚くことが多い朝だった。
函館サーフの人は、なんか、全部がすごかった。尊敬した。おわり