昼の部) 〜苫小牧西港〜
午前10時過ぎ〜午後2時頃まで
鳶助親分と「何か釣れますかね〜?」と埠頭で待ち合わせ、先着していた親分によると「さっき、隣の人がチカをバタ糞釣ってた」そうだったので、サビキ準備。
我々が釣りを開始してからは、極たまに近所の誰かの竿がしなり、鈴なりで大チカ。
釣れてる人は、1度に4〜5匹掛かってるようだけど、続かない。
画像
2人で竿3本、日中の4時間。
釣果はチカ4匹。
周りは皆さん8〜10mくらいの長竿、シャクリ機標準装備。
チカ釣りも、こういうプロ集団に囲まれると、5m程度の置き竿では不利なんだろうか?
隣の人によると、最近は午前10時頃〜午後2時頃釣れるらしい。
4匹中3匹はハゲ皮、1匹はウィリー仕掛け。単に場所とタイミングで釣れなかったのか、装備負けなのか?判断つきかねる。
若輩者のわたくしに言わせると、チカ難しい。


夜の部) 〜苫小牧西港〜
日没〜午後8時30分頃まで

CIMG2307子ソイ


CIMG2308子ソイ


CIMG2309子ガヤ



CIMG2312縦のラインのツブ根。
この辺だけキャストする度、底で小さいソイとガヤが毎回アタる。

CIMG2314持ち帰り無くても、こんだけ魚っ気ある釣り出来たんだしイイかな〜って思ってたら、なんかデカいのが釣れた。
午後8時、アブラコ。
CIMG2318CIMG2324
40cmあるかな?と測ってみたら52cm。(初50超え)
久しぶりなので、サイズの目測かなり狂ってた。
CIMG2320
最後に
手の平ちょい超えサイズのソイ。
その後、根係り引き抜こうとしたら、変な所でラインが切れた。
もの凄く短くなってしまい、残り長さギリ着底分・・・ぬー、撤収。

今迄、釣った事があんまり無かったので、冬〜春の根魚の居場所サッパリだったけど、どうも今時期に関しては、深さ云々へチ云々じゃなく、底のツブ根がキーポイントなのかな?って気がした。
3月の魚の居場所、1つ手がかり発見! おわり