1月2日 鳶助親分から釣りのお誘い。
苫小牧西港 勇払埠頭 でキュウリが釣れてるらしいとの事で、夕方、待ち合わせ。


先着していた親分から、近くに 運送屋さん が居ると聞いていたけど、また偽物かもしれないので(苫小牧に限らず至る所で運送屋さんの車を見かけるけど、運転手の顔を確認すると、その殆どが偽物。もの凄い数の影武者がいる)見に行ってみると本物だった。
まだ明るい内にキュウリが釣れていたので、いいな~と思いながら、親分がキープしてくれた場所でサビキ準備。
画像 033
親分 水中集魚灯、子分 車電源ライト。これで、それなりに釣れるでしょうと思ってたら・・
開始3時間 親分5匹、子分2匹。
(゚ロ゚;)
自分達より何人か向こう右側のプロフェショナル的な方々は、日没前後から暫くバタバタと釣っていたのに!?
その頃、先に撤収あそばされる運送屋さんから、生イソメを賜ったので、サビキ仕掛けの下に段差蛍光ブラーをつけて房掛け、蓄光・投入。


画像 032
なぜかマグレでスケトウタラ(46cm)。
いや、狙った。狙い通り。
美味しいのか美味しくないのかわからないけど、小さいのしか釣った事なかったので、嬉しい。

画像 034午後9時、親分撤収。
自分は深夜0時まで粘ってみたけど、以降追加1匹のみ。
お持ち帰りはこれだけ。(小さいのも釣れただけ全部)おわり