12月9日 夕方、鳶助親分に誘われて、苫小牧東港 フェンス前 に行ってきた。
午後4時頃到着すると、サビキの人や投げの人、シュピシュピ投げて巻いての人が数人居たけど、魚が釣れてる雰囲気なし。
しょうがないので、鳶助親分とコマイ狙いに方針変更。
風が強いしウネってるし坊主。
親分が、大きなクサウオを釣り、自分がタモ入れ。
それが最大の見せ場だった。
此処は午後7時頃撤収。

その後、船溜まり を見に行くと、サビキの車2台、投げ1組だけの寂しい状況。
ダメっぽかったので、移動。

午後8時頃、一本防波堤。 チョロッと探ってダメならすぐ帰るつもりだったけど、折角だから投げ竿3本&ルアー竿を持って先端近く迄行ってしまった。
北風が強く寒かったけど、自分に言わせると、そよ風が吹いてるにすぎぬので、暫く居てみた。
取り合えず、もし居るならば、投げておけばコマイ釣れるかもしれないし、まぁドンコは釣れるでしょうと思ってたら、夜11時頃にドンコ釣れる迄何も釣れなかった。
ルアー竿は、立て続けに根掛かり嫌気がさして殆ど使わなかった。
9c6db2b1.jpg
途中、ネズミが近寄ってきたので、威嚇して追い払った。
でも5分もたたずに又現れたので、今度は走って追いかけた。
ネズミは思った以上に足が早くてビックリ、すぐ追いついたので何処まで行くのかな?」と興味本意で並んで走ってみたらケーソンの継ぎ目の穴へピュっと入った。
穴の前にカラス貝が落ちてた。食ったのかな?。
そして、場所移動 苫小牧西港 中央北埠頭 へ行き、アタリ1回だけの坊主をくらい、午前3時、グッタリして帰宅。
おしまい