3ffc7269.jpg
11月23日 朝8時、鳶助親分&彼女さんと待ち合わせして、苫小牧 ふるさと海岸 テトラで穴釣り。

着いた時点で、小雨・向かい風、海も濁ってた。
これはダメだなと思ってたら、彼女さんは、凄くヤル気と自信に充ち溢れていて、行く事になった。
濁ってるし、穴に入れても吸い込まれてダメだろなと思い、自分は間違って石鰈釣れないかな〜とテトラからガルプサンドワーム(イソメみたいなワーム)を投げて巻いてアタリなし。
彼女さんは、ブラクリをあらゆる穴に落としてたようで、何か釣っていた。

風が強くなったので 苫小牧西港漁港区 菱中裏 に場所移動。
自分は、ガードレールの所でサビキ釣り。
船道挟んだ高台の下では、ポツポツ釣れてる様子が見えるけど、こちらにはチカなかなか現れません。
後から隣に来た人が「此処出してもいい」と聞いてきたので「どうぞ」と言ったら、何故か自分の前にも竿出して、サビキ3本、ちょい投げ2本、更に別の場所に椅子持って行って竿出していた。
感じ悪いけど、まぁいいワと思いながら、昼前にチロっとチカが現れて、隣の人に3匹、自分には掛からず群れは去った。
暫く昼寝。
その間、親分と彼女さんは、テトラで穴釣り。
84acb35e.jpg
此処でも彼女さんは、あらゆる穴とヘチにブラクリを落として大きいのは釣れなかったようだけどソイ等を十数匹釣ったそうだった
昼頃2人で自分の所にやってきてブラクリをヘチに落とし「んっ!居るなぁ」と言っていた。

昼飯を食べてから、中央北埠頭 近辺に移動。
自分は投げ釣り、お2人は探り釣り。
暫くして彼女さんは、疲れきって車で寝てしまったそうだった。
埠頭のヘチをワームで探っていた若者が、40オーバーのアブラコをポコポコ釣ってはリリース。衝撃!密かに観察。
その人が埠頭全体歩いた後だからか、それと併せて自分が下手だからだと思うけど、真似してアタリ1回のみ。
アブラコは釣れず、益々自信が無くなった。
鳶助親分は、数匹アブラコ釣ったそうで、夕方撤収。
その後、様子を見に来た別の人と話ししたら、その人も前日埠頭全体歩き、アブラコ5匹釣ったと言っていた。
何gのジグ使ったのか聞いてみたら、初め7gを使いアタリがなかったので、軽めに変えてユックリ落とし、落ちる途中で釣れるパターンだったそうだった。
むー、勉強になりました。
自分は、知識も技術も根気も無いので、無理かもって気がしなくもないけど、少しイメージが解った気はする。
その人は甲殻類のワームで、さっきの人はラメの入ったカタクチっぽいワームだった。
今日は、自分の為の備忘録のつもりで、覚えておこうと思った事をグダグダ書いてますので、此処まで読まれた方には、長々しくてすいません。
fd8acbf7.jpg
夕方、投げ竿では小さいソウハチ2匹。
暗くなってからは、午後6時頃に小さいハモ1匹。

仕掛けは数回グチャグチャにされていたので、小さいハモはまだ数居るのかなぁという感じだった。
暫く黄昏れながら、アタリも途絶えたので、中央北埠頭の凹み(浅い貯木場)に移動し根掛かりまくり、仕掛けが無くなったので撤収。
此処では、今の段階で大きな魚が入ってるんだか?解らなかった。
投げると頻繁にアタリがあり、小さいカジカ等しか釣れなかった。
釣りをはじめて3年近く経つけど、全くわからない事だらけ。

自分は性格が雑だし、頭と要領も悪いので進歩が無い只の才能の塊。
何の才能の塊?かは永遠に謎。 おわり