2月9日、夕方、家で横たわってたら、鳶助親分が東港の帰りにイソメ丸(車)を見に来てくれた。
音が大きいと話していたら、エンジンをかけて回転数を見てから、ボンネットを開けて何かを回して直してくれた。有難うございます。(自分は車音痴)

そして、渋かった東港のリベンジに苫小牧西港 マルトマ前 へ行くという事で随行。
1時間程度ワームで探ってボーズ。
死の海って感じがした。


一旦、家に帰宅。
午後6時過ぎ、気分がモヤモヤしてきたので、今度は 苫小牧西港 東埠頭 に行ってみた。

27ce2163.jpg
公園側の角近辺に車数台。離れた場所で投げ竿3本とサビキをヘチに垂らしてみたけど、穂先が全く揺れない。
ヒトデとツブしか釣れず、精神的にストレスがたまり胃に穴が開きそうになった。
途中、万が一の足元カジカと思い、ルアー竿で探って歩いたけど、木の枝しか釣れなかった。
浅い場所でしかワームやった事なかったけど、ジグヘッド11gで底がとれたので、魚がもっといる時期ならこの深さでも釣れる(クロガシラ)気がした。
サビキ下に籠・イソメ針をつけて、へチでサビいたり、ブン投げて巻いたりしてみたけど魚信なし。

夜10時過ぎ、角の方に居た人が見に来たので話しを聞くと、向こうではヘチでポツポツアタリがあり、キュウリ魚8匹釣れたそうだった。
前日は近辺でコマイ1〜2匹しか釣れてなかったそうで、コマイもキュウリもソロソロ終わりかもねと言っていた。
困ったな。おわり