ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

2019年11月

苫小牧 砂浜

11月28日 16時30分頃〜19時30分頃まで 投げ竿3本、餌 塩イソメ

寒波のせいで、道具が寒さにやられてて開始前にストレス。
暗くても中りが見えるように、竿の先にポキっと折ったら光るケミカルライトをセロテープで貼ろうとしたらテープが細かく千切れてうまく剥がれない。
前日、雨にうたれてた投げ竿は振り出し部分が凍って固着。
昨日までは使えていた生イソメは凍って戦線離脱。

心配だった寒さは防寒ウエアー着てカイロ貼ってたら、全然なんともなかった。
 
小さな中りは多いけど、なかなか釣れない。
夕日が沈んで暗くなってしまい釣れそうで釣れないまま坊主もあり得るなぁと思っていたら、やっと釣れた。

DSC_054517:12

この頃、赤い流れ星を見た。けっこう長くみえた。(たぶん2秒くらい?)

DSC_054918:07

この頃、飛行機を見た。
本州の方と函館の方に飛んで行った。

DSC_055118:36

この頃、白い流れ星を見た。

今日の流れ星は2つとも左上から右下へ向かって飛んで行ったけど、下から上へ飛んで見える流れ星もあるらしい。見てみたいなぁ。
どっか自分と遠い場所で違う角度から見てた人には違う方向に飛んで見えてたんでしょうけど。

暫く中りが途絶えてても、リールを四分の一くらい巻くとその後つついてくる事が多いのになかなか針に掛からない。
動かすと反応する。
仕掛けの近くに魚がいるし食い気もある感じ。魚が小さいのかな?
何が中ってるのかわからないけど、なんかが結構いたっぽい。

釣れたお魚
小振りなクロガシラ3匹。
ドンコ1匹。

19時前には割と中りが頻発したけれど、その後パッタリ。
潮位が下がってきて、もう釣れなそうだったので撤収じゃ。おわり

11月27日 午前2時頃〜 伊達 有珠漁港

DSC_0540豊浦の方へ行きたい。
でも、途中で寄り道してしまう。

なぜ、寄り道するのか?それは、せっかく漁港の近くを通り掛かったからさ。

はじめは、生臭い奥まった漁港っぽい香りの南防波堤付け根の外側。
5gのジグヘッドにワーム付けて探ってみたら、明るくて浅いけど小さいソイは結構いる。
でも小さいソイしか釣れなくて30分くらいでヤメ。


北防波堤の先っちょに投げ竿2本とルアー竿持って移動。
投げつつ探れば効率UPのつもりだったけど、夏に来た時は外側はそうでもなかったのに、どこもかしこもガヤだらけ。
投げ竿も着水と同時に中ってくるし、忙しいのにガヤしか釣れない。
すぐ嫌になって、投げ竿はやめた。

ガヤ以外の魚が釣れたら撤収しようと思ったら、釣れるまでなかなか手間取った。

DSC_0538
午前4時頃、やっと小振りなシマゾイ。
撤収。


夜明け前に豊浦に到着したけど、目的地の礼文漁港は工事中でいたる所に釣り禁止の張り紙。
なんか作業もしてるようで、港では釣りできないし周りの道路も工事中で、ちょっと車とめて釣りしちゃいけなそうな雰囲気。
外から漁港を見たら、テトラで囲まれた要塞みたい。
砂浜でやろうかなとも思ったけどなんか微妙にゴミが絡みそうな波でヤル気が萎んだ。

近くの大岸漁港でチラっと港内に投げ竿だしつつ、ルアー竿で探ってみたけど、親指くらいのガヤやソイやアブラコ、投げ竿にはヒトデ。
昼からは天気が崩れる予報だし長居しないでノンビリ室蘭までUターン。
この辺、来た事ある筈だけど、道をけっこう忘れていたので、まぁ、場所見てまわれたから良かったと思う事にしたんじゃよ。

11月26日> 

室蘭 追直漁港 23時頃〜30分程度

DSC_053723時頃、漁港に到着。
以前1投目でイソカジカが釣れた事のある辺りで、取り合えずワームを放ってみた。

1投目でイソカジカ。(36cm)
なんだか近くにトラックが沢山集結してきたので、仕事の邪魔かな?と5分程度で場所移動。

水産試験場側へ来てみると、こちらは無人。
今まで、魚が釣れた事あるような所をサラーっとやってみて、ガヤと小さなクロソイしか釣れずここは切り上げ。

礼文漁港で釣りしてみたかったので豊浦の方へ移動。


11月27日

室蘭 崎守近辺 お昼頃 1時間程度

DSC_0541ワームで探って小振りなイソカジカ2匹だけ。

見える範囲に2人程ワームで探ってる人がいたけど、特段釣れてる様子も見えず、雨がパラついてきて居なくなった。

DSC_0542北防波堤は工事中で立入禁止。
基部の駐車場?漁港側では2人くらい端の方でサビキ釣りをしているようだったけど、こちらも釣れてる様子みえず。
海面をみていると、チカなのか群れでゆったり泳いでる魚は見えたけど小さかった。5cmくらいかな。


室蘭 追直漁港 14時頃〜18時頃まで

天気が崩れて雨・風が強くなってきた。
投げ竿3本出して、激しい睡魔に負けて車の中で30分ほど気絶。
この時点では、たぶん風速6mくらい、やや向かい風の横風、大潮満潮。

目が覚めると、右の竿のラインがとんでもなく左に流れていた。

DSC_0543巻いてみると、下へ刺さっていく魚が掛かっていてなかなか浮いてこない。

クロガシラ?マコガレイ?(39cm)
やった!(^o^)

その後、ドンドン風が強くなり車がぶるっぶる揺れる。
風速10mくらい?極たまに魚は掛かるけどことごとく根に潜られて仕掛けロスト。
たぶんガヤかなと思ってる。

DSC_0544
日が暮れて、ドンコが釣れだした。
近くにいた猫にプレゼントしたら喜んでくれた。
室蘭の爆風、ちょっとこわいくらいだった。
でも、鰈釣れたからやった甲斐あった。おわり

苫小牧 海岸 11月26日 16時45分〜18時30分頃迄

投げ竿3本、餌 生イソメと塩イソメ

なんか、夏に来た時よりも波打ち際に並んだ消波ブロックより陸側の砂が気持ち高くなってたり抉られてたり、少し様子が変わった印象。

数十メートル沖、割と近い所に岸と並行して消波ブロックが並んでいて、切れ目から波が入ってくる。
そこは少し掘れている。
並んだブロックの中央側は入ってくる波に砂が押されて浅くなってる。
この辺、水深は浅いけど、起伏があって、砂浜の高低差もその延長なんだろうな。


DSC_0525釣りはじめてすぐ日没。

しばらくして、夏には釣れた事のない小さいクロソイが掛かり、巻き取り中に隣の竿のラインを絡めてしまってモタモタ。

解き終わってソイをリリース。
どれどれと他の竿をチェックすると、アレ!?なんかノッソリ重い。
イソカジカ(37cm)が釣れていた。

DSC_0528海底砂地に投げてたので、釣れるとしたら鰈か、いたらコマイとかウグイくらいかな〜と思っていた。

DSC_0532針を2本とも咥えていたので外そうと口の中を覗くと針を咥えた鰈の顔が見える。

DSC_0533にゅーっと引っ張りだしたら丸呑みされてた。
小さなイシガレイ。

此処ではそんなに長い時間やるつもりなく竿出してたし、偶発的なイシガレイの泳がせ釣りでカジカを釣ったことに満足した。
後々、困った時のヒントになることがあるから、想定外とマグレは大歓迎。
そのまま、家に帰らず、豊浦の方へ行ってみようかなと思い海岸沿いをドライブ。
おわり

苫小牧 ふるさと海岸 11月23日 16時30分〜

投げ釣り 餌 塩イソメ

昨晩から夜中、1匹だけどクロガシラが釣れたので、夕マヅメもちょっとやってみようかな〜と再度同じ場所。
到着すると既に日没、南風も強いし海面ダバダバ。

DSC_0519
取り合えず、投げ竿3本投入して気づいたら、1本糸がふけている。
錘が流されたのかと思ったら、小さなクロガシラとアブラコがついていた。

また初っ端でボーズが無くなった、長くやるつもりも無かったし、いつやめてもいい心境。
まぐれとはいえ、鰈まだ案外居るんだな。

夜中、ドンコとソイが釣れてた所は外海から波がきてて無反応。
鰈いるっぽいけどマヅメしか釣れる気しない方向は夕マヅメの名残なのか、ほどよいダバダバなのか、乗らないけどたまにアタリは出てたので、全部の竿ソッチに集中。

マイクロなクロソイ1匹釣れただけで暫し経過、そろそろやめようかなと仕掛けを動かしたら、何か食いついてきた。

DSC_0522
17時45分 イシガレイ26cm。

小振りな鰈2匹だけど、まだこの辺に投げて釣れる魚がいてくれて楽しめた。
18時で撤収。おわり

このページのトップヘ