ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

2017年11月

苫小牧西港 午前4時過ぎ頃、到着。

入れ替わりで帰る若者達が35僂らいのソイを持って喜んでいた。
向かい風が強くなってきて波ダッパダパ。
今まで、水深のある埠頭で向かい風&波ダパダパな時に探り釣りをした記憶がない。

底にモッソリがあっても反応なく、際まで来た所の根や巻き上げてくる途中の海藻の所でコココッと小さなアタリが数回あったのみ。
「こんな時でも小さい魚の反応はあるんだなぁ」と意外な感じがした。
1時間程度でギブアップ。


〜 移動 〜 


漁港区 明るくなってからはブラクリにイソメ。

風を正面から受けない所で穴とへチ探り。
かなりアタリはあるけど餌ばかり取られる。
「釣れても小さいんだろうなぁ」と思いながら付け直し。

穴の中も外側のへチも、底よりちょい上のモッソリ下あたりで小さいソイとガヤ。
DSC_0312DSC_0315

小さい魚の居場所でしか、魚の反応を得られない。
1時間程度でギブアップ。おわり

苫小牧西港 晴海埠頭 午前5時過ぎ〜夜明け迄

ワームで何か釣れないかなぁとやってみたけど、何も釣れない。
何度か遠目の底や近間のへチでアタリはあったけど。

辺りが明るくなってから岸壁を歩いていると、投げ釣り師の余して捨てていった蛯粉まぶし塩イソメが1本落ちていたので拝借。
DSC_0311

へチ近辺で小さなコマイ。

同じくらい小さいアブラコ。

その半分くらいのサイズのガヤ。

とりあえず、何が中ってたのか解ったのは良かったかな、撤収。
今朝の気温は0度で糞寒かった。
困った、ワームを使っても魚釣れる気が全くしない。

まだ暗い頃、自分の後ろをキタキツネがウロチョロしていた。
追い払おうと、投げ釣り師が捨てていった空き缶を蹴って威嚇したらその空き缶を咥えてどこかに消えていった。
埠頭に落ちてるゴミ、エキノコックスもってるキツネが咥えたりしてるかもしれないから、素手で触るのは危ないなぁと思った。 おわり

このページのトップヘ