ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

2017年06月


6月24日 夕方、苫小牧西港 漁港区。
ネットを検索してたら、いろんなものを餌にして(ゴムとか革とかガムとか)魚を釣った話しを見た。
DSC_0214

面白そうだからやってみようかな〜とコンビニでガムを購入。

10円ガム3つ。
漁港に到着、さて、やるか!と竿を手にするとルアー竿の先端20cmくらいの所がポッキリ折れてた。
折れた箇所に合うトップガイドをはめて応急処置。

DSC_0215
噛んだガムをジグヘッドに取り付け。(ガム1個分)
実際に游がせてみると、まぁまぁ泳ぐ。
海水で冷えてからの方が手に粘着しないし固さも出て形を整え易かった。
見える所では子ソイとウグイが寄ってくる。
アブラコ的なアタリもあるし、魚受けは上々だけど竿が短くて硬すぎる。
道具と腕前が悪すぎ。
大きめなアブラコかカジカの一飲みに期待して結構粘ってみたけど、尽く魚を弾いてしまい、結果ボ。
今回の敗因は自分。ガムは健闘、使える手応え。

おわり


苫小牧西港 午前3時からイソメで探り釣り。
ブラーや樽オモリに鰈針を使ってヘチに落とすと、小ぶりなガヤ、ソイ、アブラコばかり。
DSC_0208
30僂らいのアブラコ王国。
DSC_0211
海面で、何かがウィリーしながら逃げてたので、なんだろう?試しにエギを投げてみたら、小さなイカが釣れた。
いつ乗ったのかわからなかった。
着底して海藻引っ掛けたかなくらいの感覚。
しばらくイカを狙ってみたけど釣れずに撤収。
豆イカなのかな?
初めて釣れたので満足した。
おわり


深夜、なんとなく苫小牧西港 入船公園近辺で探り釣り。
2時間、釣果0。深さがある所は苦手。
根掛かり地帯で針かかりしないアタリばかり。
夜中なのに4〜5人の釣り人とキツネもいた。
場所移動。
DSC_0203
明け方、苫小牧西港 漁港区。

へちの海藻まわりで子ソイがワームを追いかけるのが見えた。

小さい魚しか釣れず、最後に45僂らいのアブラコ釣って終了。

夜中は霧が濃くて、且つ寒かった。

おわり

DSC_0188苫小牧
ふるさと海岸
夜明けからテトラで探り釣り。


自分の他には、餌で穴つりの人と、砂浜から投げ釣りの人が各1名づつ。
あとは、入れ替わり立ち替わりサクラマス狙いの人。
サクラぽい魚が跳ねたのは何回か見えたけど、この日は釣れてなかった。
サンマ使って穴をやってた人はソイやドンコが釣れてたっぽい。

DSC_0189
アブラコは穴の中では割りと浮いていて、ドンコ、ワラズカ、ソイは下の方にいるみたい。

ワームは見切られるまでに数回食ってくるけど、針に掛けれないと反応しなくなる。

近くで魚を狙って、カモメが釣り人を監視していた。

DSC_0197
いろいろワーム替えたりかけ方変えてみたけど、どれでも反応あった。
茂った昆布より下に潜れる重さと、根掛かり回避と針かかりしやすさを考えて、テキサスリグに鰈針をつなげてワーム2つにしてみたら、絡む事もなく、いい感じで泳いでくれた。

穴釣りでも、魚が寄ってきて大きいワームが上下に動くのを見ている時に、鼻っ面を小さいワームがかすめて、反射的にバクっとしてくれてただろうと思っている。

釣れたし、楽しめた、満足。

⬇小魚の群れのイメージ、泳ぐ様子を動画にとってみた。


おわり

DSC_01845月20日 苫小牧 早朝

たまにアタリがあっても、なかなか針かかりさせれずもどかしかった。

ワラズカとドンコはリリース。

おわり


このページのトップヘ