ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

2011年09月


CAQA8XMA苫小牧西港 漁港区。

深夜から日付またいで、沈みテトラ際で、やっとクロソイ1匹。

天気予報では南風の風速2m程度の筈だったのに、体感的には5mくらい。
白波たってて、やりずらかった。

最近、親指サイズのソイとかしか釣ってなかったので、大きく感じたけど、サイズ測ってみたら27cm。

グ〜、グイーーー))と来て「オホっ♪」て感じで楽しめたから、まぁ、よし!おわり



9月25日(日) 苫小牧西港
5時〜12時まで、師匠とコラボ!釣れ無いとは思ってましたが本当に釣れませんね( ̄○ ̄;)
ファーストヒットはやはり師匠のチビアブ。
自分は小さい当たりのみ(◎o◎)
暫く二人でイロイロとやってみましたが反応無しで、たまには竿が動けばチビアブのみ。
CAZVB5E1
今年はコマイも釣れなくとても暇な釣り、すかっり心が折れて師匠と喋って居るとヘチに垂らして居たルアー竿が擦れた、急いで竿を持つと生命反応(^O^)

昆布と一緒に揚がって来た39僖▲屮薀(^_^)v

その後少し燃えましたが駄目でした(^_^;)
暫くして海を見て居た師匠が魚の群れ発見サバかマイワシか青魚の群れを確認して、二人ともサビキを出しましたが、時既に遅くチビちかとカタクチイワシ釣って終了。何ともショボイ釣果でした。
師匠懲りずにまた一緒にやりましょう、今日はお疲れ様でした。

※今日のアブラコ、やっぱり卵がびっしり入っていた見たいです。



9月21日 夜7時頃、風も無いし、雨も降ってなかったので、台風15号が来る前に一寸、釣りしておこうかな〜と、苫小牧西港 漁港内 で、竿3本垂らして餌釣り。
なんで漁港かというと、なんか魚入ってきてるかもしれないし、台風が来るから漁船も動かないと思ったので。
仕掛けつけっぱで、一寸、様子をみては車で移動を繰り返し、深夜1時過ぎまでやってみたけど、うーむ、ダメだった。CAX78MSH

親指サイズ〜手のひらサイズの魚のみ。

クロソイ×4匹
アブラコ×1匹
イソカジカ×1匹

やたら、パツン))パツン))針掛かりしないアタリが続くので、何??と思ったら、多分、犯人は親指サイズのソイ。

夜9時過ぎから、予報どうり雨が降りだしてパンツびしょ濡れ。
もう止めようかと思った頃、グングン))と竿がお辞儀、竿尻浮いたけど針掛かりせず、何だろう?ウグイかアブラコかソイか??と気になってしまい、ついつい続行。
極まれに、大人の魚も泳いでるんじゃんと帰りそびれた。
雨振りは、なんとなく、魚釣れないんじゃないかなって気がしてたけど、ビシャビシャ雨降ってても、魚の食いは悪くなかったような気はする。
殆ど、針掛かりしづらいサイズしか居なかったのかな?って感想。
おわり。





9月13日 夜中っていうか、明け方から朝7時頃まで、苫小牧西港 入船公園 近辺で探り釣り。
浮いてる魚居ないかな〜とへチを探っても、反応なし。
下手だからなんだか、活性が低いんだか、魚が薄いんだか?しょっちゅう釣りしてれば、なんとなく解りそうな気がするけど、たまの釣りだと、浦島太郎的な感覚で判断つきかねる。
でも、へチじゃなくて、底の根みたいな所では時々反応があるので、暑い時期は底かなって感想。
CAD19NUC
海面にワラワラ魚が群れてたので、何かな?と急いで車に戻り、ハゲ皮サビキをとってきて、垂らしてみたらカタクチイワシ。
しばし、手動でサビいてみたけど、まぐれで1匹掛かったのみ。

オキアミも持ってきて、数釣れたら、それはそれで面白いだろな〜と思ったけど、探り釣りしたい気分だったので、サビキ竿を柵に立てかけ放置、しばし出張。
CA08ICMC
んー、底でしか反応なし。
子ソイ1匹しか釣れず夜明け。
一度、根のある所で力強いアタリもあったけど、見切られたのか、それっきり。
CA7WJ15N明るくなって、放置プレーのサビキ竿の所に戻ると、カタクチが3匹ついていた。

そして、隣に「入釣しまーす」と言って、投げ釣りの方がやってきた。
横目で投げる様子を見た感じ、竿がクニャーとなっていたので、あー、柔らかい竿使ってるんだな〜と思った。
自分は、基本的に、いい歳して人見知りするタイプなので、一人で釣りしてる時に近くに人間達が来ると、匂いで察知して立ち去るか、立ち上がって両手を挙げ、グルルル・・と唸り声をだして威嚇するパターンが多いんですが、この日は「何釣れました?」と話しかけられたので、「あー、ちっちゃいソイとカタクチ4匹しか釣れてません」
「カタクチいりますか?」「いえ、いりません」で、会話スタート。

その人は2本投げ終えた後、塩イソメや竿を見せてくれたり、色々と親切に釣りの事を教えてくれたので、ついつい1時間半くらいずっと竿放置でお話ししていたので、多分、かなり釣りの邪魔をしてしまった。
なのに、リールを巻いたら1本針にクロガシラがついていた。
その人曰く「今日は十五夜だから」との事で、鰈が居る前提で食いが立つ時を狙って、且つ、ヒトデが薄い所に投げてたらしく、すごすぎて超驚いた。
そして、自分が柔らかい竿だと思っていた竿は、スピンパワーで硬さがBだった。
投げるの上手な人は、もっとフンっ))って感じで投げるもんだと思っていたし、あんなに竿クニャー))ってなってるの見たのは初めて。
驚くことが多い朝だった。
函館サーフの人は、なんか、全部がすごかった。尊敬した。おわり



8月23日(火) 古平漁港

夕方三時半から一時間、ナナツボシイワシ釣りに行って来ました。場所は海産物屋の辺りの岸壁。
CAK7IK6F
しかけは七号のスキンサビキで、オキアミの撒き餌。入れ食いで、釣り堀状態だよ。サイズは12から18センチ。
小樽や石狩でも釣れてるけど、混雑してるから、古平はあづましいし、地元民はとても親切。
魚は釣り上げてそのまま頭と内臓出して、氷水に入れたから、写真はさばいた後のしかないよ。ナナツボシにまじりウルメイワシと30センチ弱のサバ混じる。新しい群れが入ったようで、まだしばらくは釣れそうです。
チームカタクチはどう?チームナナツボシにならない?

CAPJ9SKP
お刺身に
CAWWF43Kなめろう用に三枚に下ろして皮を剥ぐ、手間がかかるがその価値のある旨さ。
CA9RYMDH骨せんべいの二度揚げ。
※メールもらってから半月以上遅れての更新は、自分(ブログの人)の不手際。
ノアールさんすいません ありがとうございます。


このページのトップヘ