ダメオヤジ釣り日記かもねー うふふ

I'm fishing in the sea in Tomakomai, Hokkaido, Japan                   北海道の苫小牧の海で釣りしてます。投げ釣りと探り釣りと極たまにサビキ釣り

  • Twitter
  • RSS

2007年12月


cec08a91.jpg苫小牧西港 東埠頭
午後4時30分〜午後6時迄、 投げ・サビキ 各1本づつ竿出したけど、小さなキュウリ1匹しか釣れなかった。
投げ竿は餌も取られていなかった。
b9d44de9.jpg写真は 2007年 最後に釣った魚。キュウリウオ。
リリースして撤収。

みなさん良いお年を。
おわり


にほんブログ村 釣りブログへ   (−_−)




45f7ee28.jpg午後4時30分から、苫小牧西港漁港区菱中造船所裏で 投げ×1、穴ホジリ×1で釣り開始。

数人釣り人がいたので、なんか釣れるのかなぁと思っていたら、投げで小さいコマイと穴で小さいカジカゴンが釣れた。

その後、穴でブラーを2つ根係りして失った。
なんか、あんまり釣れる気がしなくて午後6時撤収。
相変わらず、コマイが小さかったので、見てテンションが下がった。
おしまい

にほんブログ村 釣りブログへ   (−_−)




白老漁港 夕方4時到着。
入れ違いで帰る人に様子を尋ねると、「外海でハタハタ全然釣れない。もう、終わった。」と言っていた。
今日は防波堤に人があまりいないし、釣れてる様子もない。静か。
前日にノアールさんから教えて貰った情報によると、夕方実釣2時間ハタハタ30匹、いい人3桁との事だったので、多分釣れるだろうと楽観視。
まずは投げ釣り。
他の釣り人に釣果を尋ねると、ソウハチ2匹、コマイ少し、オオマイ1匹との事だった。
別の人に聞いてもソウハチ2匹、コマイ少し、と淋しげな返答。
でも、間違ってタカノハやオヒョウ、マガレイ、クロガシラ、アブラコ、鰍が釣れる可能性無きにしもあらずウヒヒと、自分に甘い事を考えながら防波堤の中間部から外海に竿2本出した。
b53fe273.jpgでも、現実は甘く無かった。
夜9時迄投げてコマイ8匹。
寒すぎて、なにもかも嫌になる前にハタハタ釣っておこうと思い防波堤基部に戻ると、角に数人サビキマンがいたので港内テトラに降りてサビキ。
30分位経って、釣れる度テトラを往復するのは疲れるし時間効率わるいなぁと思い防波堤を見上げると、防波堤上角の階段横が空いていた。即、場所移動。
自分以外の釣り人は1人だけ。その人は釣り歴2年目で「朝迄がんばる覚悟で来た。釣りっていいねー」と言っていた。なんか、自分に似たタイプの人と思った。自分よりイキイキしてるけど。
防波堤の上から港内へ並んでサビくと、夜11時頃まではポツポツコンスタントにハタハタ釣れた。
干潮になってからはパッタリ釣れなくなった。
明るい内はそうでも無かったが、陽が沈んでからの寒さは強烈だった。
23619f78.jpg写真はサビキで釣れた謎の変な黒い小さい生き物。
なんだろう?
海のダイヤモンド ナマコ?
何が釣れるかドキドキできる港、白老漁港。
今のところ、まだ愛してる。
おわり

にほんブログ村 釣りブログへ   (´3`)ムチュ




34a2d82a.jpg午後10時 苫小牧西港勇払埠頭到着。
軽く釣りしようと思ってきたら、雪が降ってきた。
とても、視界が悪い。
キュウリかニシンかマグロ釣りたいな。
釣れるかな?
e492b6b2.jpg午後10時15分、スケトウタラのお子様釣れた。
まずは、坊主回避。
b8c6ed0b.jpg午前1時15分 船が入ってくるので、場所避けるよう言われて釣り終了。

釣果は、サビキで
キュウリ魚×1
スケトウタラのコドモ×2
投げ竿で
ヒトデ×3 のみ。
マグロが釣れなかった事もショックだったが、今夜の寒さは衝撃的だった。こんな気温じゃ、今後は白老漁港の防波堤で投げ釣りなんて出来ないんじゃないだろうか?と考えたら悲しくなった。
涙を流しながら帰宅。
おわり


にほんブログ村 釣りブログへ   (;_;)



b3f1359b.jpg午後4時 白老漁港到着。
空いてるかなぁと思ってきたら、前回にも増して車ビッチリだ。
予想が外れた。
釣り人にはクリスマス関係ないらしい。
ガッカリ。
69a64ffd.jpg防波堤の外側に小さいのばかりだけど、はたはた の群れがきていたので、まずサビいてみる事にした。
e91e6b4e.jpgすぐに群れはいなくなったが、取り敢えずハタハタ釣れた。
この魚、群れが居れば、垂らせば釣れるみたいだ。
今は、蝦の形した6号針のさびき使ってるけど、多分針小さい方が釣れそう。
防波堤にきて、はじめハタハタがパタパタっと釣れた後は、サッパリ魚が釣れなくなった。
角の港内はどうかな?と思い、階段降りてライトで海面を照らすとヘチにハタハタが見える。明かりですぐ逃げてしまうので、ライト消してサビいてもサッパリ釣れない。
食欲がないみたいだ。
午後6時 投げ竿3本&サビキ竿&クーラーボックスwith諸々の道具を担いで、防波堤の先端へ場所移動。
途中、誰か投げてる人いるかな〜と思ってたら、誰も投げてる人がいない。
風が強くなってきて、波もあるので、投げはやめて1時間程サビイてみたけど全く釣れず、防波堤基部へ引き返した。
b45b06a0.jpg夜7時頃、外海の網の切れ目のところでハタハタがポツポツと釣れていたが、段々波が高くなり、干潮とあいまって、夜9時 パッタリなにも釣れなくなった。
そして、防波堤には自分を含めて釣り人が3人しか居なくなった。
チャンス!港内角のテトラ際へ場所移動。
さっきは全く釣れなかったのに、今度はコンスタントに釣れます。
型も少し大きいし雌もいる。
午後11時30分 着底即根掛かりしまくり、手持ちのサビキ仕掛けが無くなったので撤収。
なんか、脳ミソからノリノリのアドレナリンが分泌していた時だっただけに、後ろ髪引かれる思い。
でも、ハタハタ釣れて楽しかった。
おわり


にほんブログ村 釣りブログへ   (´3`)ブチュッ



このページのトップヘ